お役立ち情報

目的別無料ホームページ制作ツール

目的別無料ホームページ作成ツールおすすめ13選

無料でホームページを作成するのに、どれがおすすめなのかとお悩みではありませんか?

このページは、そんな悩みを抱えている人が問題を解決できる情報が詰まっています。サーバーやドメインなどの専門用語がわからない方でも問題なし。

  • ネットショップを作りたい
  • ブログを書いてアフィリエイトをしたい
  • 自社のホームページを自作したい

こんな方におすすめの記事です。無料サービスには当然メリットだけではなくデメリットもあるので、その点も踏まえて解説しながら、目的別の無料ホームページ作成ツールでおすすめのサービスをご紹介します。

ホームページ作成前の事前知識

このページを読む前に記事内で登場するホームページ制作に欠かせない重要な用語があります。

  • サーバー
  • ドメイン
  • 独自ドメイン
  • アフィリエイト
  • 広告掲載
  • SEO対策
  • CMS

このブログ記事を読まれている方は、何言ってんのかわからない方が多いと思います。
ですが安心してください。これらの用語を一つずつ解説しますので、前提知識として覚えていてください。あまり詳しく理解しようとしないで大丈夫です。流し読みでなんとなく触れてもらって、わかるところは飛ばして読んでもらえればと思います。

サーバーとは

レンタルサーバーの図

サーバーとは、このイラストの赤く囲った部分です。
あなたのホームページに誰でもアクセスできるようにするためのクラウドみたいなものだと思ってもらえれば良いと思います。
Instagramなどの写真がフォロワーに見てもらえるのもこのサーバーというものに自分の投稿がアップロードされているためです。

ただし、このページでのサーバーとは、レンタルサーバーのことを指します。
レンタルサーバーとはホームページを公開するために絶対に必要なサーバーを、貸し出してくれてるサービスのことです。

ドメインとは

ドメインとはインターネット上の住所のこと。URLだと思ってもらえればと思います。
このサイトでは、以下の部分をドメインと呼びます。

電子メールを送ったり、ホームページを閲覧したりする際に相手を特定するために必要になります。
例えば、URLが「https://sample.com/」や「https://www.sample.com/」であればドメイン名は「sample.com」です。

メールの場合は、 @以降のものがドメインです。

例) blog@nextone-k.co.jp
というメールアドレスがあったら、「nextone-k.co.jp」がドメインです。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、世界に1つしかないオリジナルのドメインのこと。
レンタルサーバーや、無料ホームページ作成ツールでは、ドメインを無償提供していることがあります。
例えばネットショップ作成ツールで有名な「BASE」が無償提供するドメインは以下のようになっています。
こちらは無料です。

レンタルドメイン

「nextone-k」の部分はご自身で決められるのに対して、「thebase.in」の部分は自動的に付与されてしまい、自分で変更することができません。

それに対して独自ドメインは以下のようになります。

独自ドメイン

独自ドメインでは、無料で取得できるドメインとは違い、好きな文字列(※既に存在する文字列は取得不可)のみで取得して表示させることができます。
独自ドメインの使用料金は文字列により異なりますが、年間で1円〜取得することができます。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、ECサイトやオンラインショップで販売されている商品を、あなたのウェブサイトやブログに掲載し、そこから発生した売り上げの一部が還元される仕組みです。

普段ブログで紹介されている商品を購入している人は、そのブロガーに収益が入っているはずです。これがアフィリエイトプログラムです。
このサイトをご覧になっている方はアフィリエイトを始めたいと思っている方も多いでしょう。

要するに、商品を自分のサイトで紹介することによって、お金を稼ぐことができる仕組みのことです。

広告の掲載

アフィリエイトでお金を稼ぐには、あなたの得意な分野や、売りたい商品・サービスなどの広告をサイト内に掲載します。

あなたのサイトに訪れた方が、その商品を購入したりしてはじめて報酬が発生するかどうかが決まります。(成果・報酬の発生条件は広告ごとに異なります。)

広告は紹介したいものを掲載できますが、無料のホームぺージ作成ツールやブログでは、意図しない広告が勝手に表示されてしまう場合もあります

勝手に掲載される広告

このウルえもんは私が作ったロボットなので、もし興味ある方はDMください!笑
フリーランスの業務提携先を探すのには最適で、2日で14件のアポが取れたくらい優秀です!!

まぁそれはさておき、次は重要なSEO対策のお話です。

SEO対策

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、あなたのサイトを多くの方に検索してたどり着いてもらうために行う対策のことで、検索エンジン最適化とも呼ばれます。日本語は特に覚えなくて大丈夫です!

多くの場合、ブラウザ(Microsoft Edge、Google Chrome、Firefoxなど)でキーワードを検索した際に、1ページ目(上位)に表示されるように対策を行います。
「ホームページ 作成ツール 無料」と調べた時に、このページをあなたが見るためには、検索結果の上の方になければ見つけることができず見ることもありませんよね?

このように、どんなに内容の良い記事を書いても上位表示がされないとあなたのサイトへのアクセスが見込めず成果が発生しません。

そのため、あなたのサイトでアフィリエイトを行う場合は、SEO対策がとても大切です。
どのようなことをしたらSEO対策ができるかについてはこの記事では割愛させていただきますが、別の記事で詳しく説明します。

CMSとは

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、すごく意味わからないし私もなんの略かなんて覚えていませんでしたが、簡単にいうとWebサイトのテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのこと。世界的に有名な「wordpress」もCMSの一つです。

CMS = 簡単
と覚えておけば最初は大丈夫です!!

色々用語があり大変ですが、覚えなくても大丈夫です。
次に本題の無料ホームページ制作ツールのメリットなどについてご紹介しますが、わからない用語が出てきたらまたここに戻ってきて見てください。

無料ホームページ作成ツールのメリット・デメリット

現在は、無料でホームページを作成できるツールやサービスが複数リリースされているため、以前よりもホームページを作りやすい環境が整っています。

しかし、気をつけないといけないのが、あなたの目指すサイトが無料ホームページ作成ツールに向いているサイトとそうでない場合があるということを覚えておきましょう。

メリットとデメリットを理解すると、あなたのサイトの適性に合うのかを判断することができますのでそれをご紹介します。

無料ホームページ作成ツールのメリット

無料ホームページ作成ツールには以下のようなメリットがあります。

  • 無料でホームページが開設できる
  • ご自身でホームページの更新・情報の追加が可能
  • ホームページの更新作業費用がゼロ
  • 自分のタイミングで公開ができる

制作会社にホームページの作成を依頼すると何十万円もの費用が発生し、さらに更新や追加を依頼すると、そのたびに作業費用がかかります。
無料ホームページ作成ツールを使えば、このような費用を抑えられるだけでなく、自分のタイミングでページの公開や更新を行えます

無料ホームページ作成ツールのデメリット

無料ホームページ作成ツールには以下のようなデメリットがあります。

  • ホームページ上に広告が掲載されてしまう
  • 独自ドメインが利用できない
  • SEO対策が弱い場合がある
  • オリジナリティのあるデザインが作成しにくい
  • ツール・サービスごとに操作方法を覚える必要がある

無料ホームページ作成ツールやサービスは、それぞれ仕様が異なるので、上記全てが当てはまるわけではありません。
ですが、このようなデメリットがあるのを覚えておきましょう。

ネットショップにおすすめ無料ホームページ作成ツール

ネットショップを運用したい方におすすめの無料ホームページ作成ツールを2つと他有名なサービスを紹介します。

BASE(ベイス)

baseホームページ

運営事業者 BASE株式会社
初期費用 無料
月額費用 無料
商品登録数 無制限
(1日最大1,000件)
独自ドメイン 利用可能※サブドメイン限定
サポート窓口 メール/チャット
補足 別途500円/月でBASEロゴ非表示に対応
公式サイト https://thebase.in/

BASEは、導入実績150万店舗以上を誇る、国内で一番利用されている国内最大級のネットショップ開業サービスです。

審査不要でクレジットカード決済が導入でき、お客様が毎回クレジットカード番号を入力する手間も掛からないのでお客様にとっても便利で購入率が高まります。

BASEは無料のまま使うこともできますが、画面上にBASEのロゴが表示されてしまいます。
baselogo非表示
この右上の部分のロゴですね。

月額料金はかかってしまいますが、月に500円お支払いすることでBASEロゴを非表示にすることができ、自社のオリジナルサイトのように使うことができます。

BASEがおすすめの方

  • 固定費0円で使い続けたい方
  • 安心・安全なサービスを使いたい方
  • パソコン操作が苦手な方
  • 販促や集客に不安がある方

STORES(ストアーズ)

stores画像

運営事業者 ヘイ株式会社
初期費用 無料
月額費用 フリー:無料
スタンダード:2,178円(税込)
商品登録数 無制限
独自ドメイン スタンダードプランで利用可能
サポート窓口 メール/チャット ※新規出店向けの電話相談窓口あり
補足 スタンダードプラン契約で独自ドメイン対応。他社サービスからの持ち込み、持ち出しは不可
公式サイト https://stores.jp/

無料のフリープランと有料のスタンダードプランから選ぶことができるSTORES(ストアーズ)。

初期費用はどちらも0円。無料と有料プランの違いは決済手数料にあります。フリープランの決済手数料は売上の5%なのに対して、スタンダードプランは売上の3.6%。

売上が発生するまで掛かるコストは0円なので、リスクを抱えることなくネットショップを始めることができます

STORESがおすすめの方

  • 決済手数料を抑えたい方
  • 決済方法に代金引換を導入したい方
  • 店舗でのキャッシュレス決済やネット予約など幅広いサポートを希望する方

ネットショップ – その他サービス

ネットショップを運用できる無料ホームページサービスやツールは、おすすめで紹介した2つ以外にもあります。

FC2ショッピングカート

かんたんなネットショップ構築が行えるサービスです。
有料プランもありますが、無料でも初期費用・月額固定費に加え、さらには販売手数料すべて料金がかかりません。

イージーマイショップ

複数の商品を組み合わせたセット販売やオーダーメイド商品の販売に強いサービスです。
登録後60日間は無料で有料プランのサービスを試せるので、その期間で機能に満足できれば有料に移行するのも◎

ネクストショップ

初期費用・月額固定費が無料のショップ構築サービス。
売上に応じて販売手数料と決済手数料がかかります。

Jimdo(ジンドゥー)

ドイツ発のサイト制作ツール。日本ではKDDIウェブコミュニケーションズが運営元になっています。
ブログや動画を投稿できるため、サイトをメディア化する集客法にも役立ちます。

ブログ運用におすすめ無料ホームページ作成ツール

ブログを運用したい方におすすめの無料ホームページ作成ツールを2つと他有名なサービスを紹介します。

趣味としてブログをしたい方、ブログを通じてアフィリエイトをしたい方におすすめです。

はてなブログ

はてなブログトップ

運営事業者 株式会社はてな
初期費用 無料
月額費用 無料版:無料
Pro:1,008円(税込)~
商用利用 可能
HTML対応 あり
CSS対応 あり
公式サイト https://hatenablog.com/

書きやすさに特化して造られた「はてなブログ」は、シンプルなデザインとカスタマイズのしやすさが魅力です。

簡単にブログを作りたい人や、たくさんの人に読まれるブログを目指したい方におすすめで、はてなブックマークの高い集客力を活用しながら、新規アクセスを狙うことができます。

はてなブログ – 無料版とPro版の違い

項目 無料版 Pro版
自動広告掲載の有無設定 ×
独自ドメインの取得 ×
カスタマイズ範囲 可能 無料版+α
写真のアップロード容量制限 300MB/月 3GB/月
記事の履歴 過去5件 過去50件
ブログ解説制限 3記事 10記事
複数の管理人設定 ×

Amebaブログ

ameba

運営事業者 株式会社サイバーエージェント
初期費用 無料
月額費用 無料版:無料
画像容量アップコース:198円(税込)
広告をはずすコース:1,027円(税込)
商用利用 不可能
HTML対応 あり
CSS対応 あり
公式サイト https://ameblo.jp/

芸能人やインフルエンサーが多く利用していることでも有名な「Amebaブログ」。

会員数が多く、ブロガー同士のコミュニケーションをとりやすいのが特徴です。

ハッシュタグ・リブログ機能・投稿シェア機能といった便利な機能が豊富なので、趣味として文章を書き交流を深めたい方におすすめです。

Amebaブログの無料版と有料版の違い

項目 無料版 有料版
自動広告掲載の有無設定 × 〇(広告をはずすコース)
独自ドメインの取得 ×(お持ちの独自ドメインの設置は可能) ×(お持ちの独自ドメインの設置は可能)
カスタマイズ範囲 可能 無料版+α
写真のアップロード容量制限 1枚あたり3MB 1枚あたり10MB

ブログ運用 – その他サービス

ブログを運用できる無料ホームページサービスやツールは、おすすめで紹介した2つ以外にもあります。

ライブドアブログ

スマートフォンで簡単投稿可能な手軽さが魅力なサービスです。

無料版のみを扱うライブドアブログには、広告非表示、独自ドメイン取得、容量無制限といった使える機能が満載です。

楽天ブログ

楽天商品のアフィリエイトに最適なブログでお小遣い稼ぎができるサービスです。

ブログ開設と同時に楽天アフィリエイトも利用可能なのでお手軽です。

FC2ブログ

初めての人でも使いやすく、やり込み要素が詰まった作成ツールを提供している「FC2ブログ」。

無料で気軽にブログを書きたい人におすすめで、いつでもどこでも投稿・閲覧が可能です。

Blogger

Googleが運営するブログサービスで、無料で作れるのに強制的な広告の掲載がないのがメリット。

ブログを成長させながらお小遣い稼ぎをしたい人におすすめ。

note

クリエイターが文章や画像、音声に動画などの作品を投稿して、ユーザーがそれを楽しみながら応援できるデジタルプラットフォームです。

上記のことが行えるため、ブログの枠を超えて情報発信したい人におすすめ。気軽に創作物を発表しながら、記事や作品を有料販売することも可能です。
情報を配信するインフルエンサーが有料記事などを配信しているのをよく見かけますよね。

自社ホームページにおすすめ無料ホームページ作成ツール

自社のホームページを作成したい方におすすめの無料ホームページ作成ツールを2つご紹介します。

Wix.com

wixトップページ

運営事業者 Wix(ウィックス)
初期費用 無料
月額費用 無料版:無料
有料版:550円(税込)~
商用利用 可能
HTML対応 あり※カスタマイズ不可
CSS対応 あり※カスタマイズ不可
公式サイト https://ja.wix.com/

Wixは、プログラミング言語の知識がない人でも簡単にキレイなホームページを作成することができるサービスです。

500以上のテンプレートが用意されており、ドラッグ&ドロップでページを直感的に編集することが可能。お手軽ではあるものの、用意されているテンプレート以外の細かいカスタマイズや動きをつけたりするプログラミング言語(JavaScriptなど)は使用できません。

とはいえ、思い立ったその日にサイトを作成できるのでおすすめです。

Wix.com – 無料版と有料版の違い

項目 無料版 ベーシック アドバンス VIP
料金 無料 ¥900/月 ¥1,300/月 ¥2,500/月
強制広告 あり なし なし なし
独自ドメイン 使用不可 使用可能 使用可能 使用可能
データ容量 500MB 3GB 10GB 20GB

-公式ボタン-

ペライチ

ペライチトップ画像

運営事業者 株式会社ペライチ
初期費用 無料
月額費用 スタートプラン:無料
有料版:1,078円(税込)~
商用利用 可能
HTML対応 あり※レギュラープランから利用可
CSS対応 あり※レギュラープランから利用可
公式サイト https://peraichi.com/

誰でも・カンタンに・素早くをモットーにしたホームページ作成サービスのペライチ。

1ページものの長いランディングページや1ページ完結のホームページを作成したい方におすすめで、初心者でも使いやすいようにシンプルに設計されています。

スタートプランのページ制限1ページであれば無料ですが、ページが増えると月額の料金がかかるので注意が必要です。

ペライチ – 無料版と有料版の違い

項目 スタート ライト レギュラー ビジネス
料金 無料 ¥1,078/月 ¥2,178/月 ¥3,278/月
広告非表示 × ×
独自ドメイン 使用不可 使用可能 使用可能 使用可能
公開ページ数の上限 1ページ 3ページ 5ページ 10ページ

どんな目的でもおすすめ – WordPress(ワードプレス)

ワードプレスロゴ画像

最後に紹介するのは、世界的シェアNo.1のWordPress(ワードプレス)です。

ワードプレスは、無料ホームページ作成ツールのデメリットで紹介した「全てのデメリット」を回避できます。システム自体は無料で利用できるうえに初心者でも使いやすい優秀なツールです。

無料のホームぺージ作成ツールやサービスを利用せずにレンタルサーバーやドメインを取得する際に若干費用はかかりますが、デザインのスキルがなくてもたくさんの無料テンプレートがあるので安心。プラグイン(WordPressの機能を拡張するためのツール)によりカスタマイズ性も豊富なWordPressは、初心者にもおすすめです。

プログラミング知識がなくても使いこなすことができ、知識があれば更に細かい編集や修正、カスタマイズが可能です。この汎用性の高さこそが、数多あるCMSの中でも圧倒的シェアを誇る理由であると言えます。

ただし、ワードプレスは、サーバーについての理解や予備知識が必要になるので、今すぐにホームページを作成したいという方には向いていません。

ですが、ワードプレスの使い方を一度覚えてしまえば、さまざまなウェブサイト運営に役立ちます。気になる方は「誰でもできる!初心者でも簡単にWordPressを始める3つの手順」で詳しくまとめているので合わせて確認してみて下さい。