お役立ち情報

  • Home
  • お役立ち情報
  • TikTokがバズらないときに試してほしい”本当のペルソナ設定方法
TikTokでバズらせられないのはなぜ?

TikTokがバズらないときに試してほしい”本当のペルソナ設定方法

みなさんこんにちは。ぐちやまです。

TikTokで動画を投稿しているみなさんの中には大変にバズっている方もいれば、
まったくと言っていいほどバズっていない、という方もいらっしゃるでしょう。
どんな方でも動画を投稿した以上はたくさんの人たちに見られてバズりたい。
そう思う方の方がきっと多いはずです。

この記事はそんなバズりたいけど、全くと言っていいほどバズらない

そんな方達に向けた記事になっておりますのでよろしければ飽きずに
最後まで読んでいってください。

答えを急げば、バズらせるために必要なのは「本当のペルソナ」を設定することです。

「本当のペルソナ」って?

そう思った方は1分後にその答えがわかります。

TikTokでバズらないのはそもそもなぜか?

なぜTikTokでバズらないのか?

TikTokでバズらないのにも理由があります。

しかし、少し目線や考え方を変えてみるだけで驚くほどバズる動画を作ることができます。

それでは少し具体的に解説していきましょう。

私の場合は元美容師という権威性を生かし、美容の情報を提供することを中心に動画を投稿しています。

@yuma4645

白髪に悩むあなたに本当の原因をお教えします。##美容 ##TikTok教室 ##頭皮ケア ##元美容師 ##ヘアケア

♬ 月が綺麗 – TENSONG

この動画はアカウント開設からなんと約一週間で30万回以上再生されました。

もちろん投稿した動画が全てバズるわけではありません。

その中で、バズっていない動画には共通点があることに気がつきました。

その共通点というのは「ペルソナ」の設定の仕方です。

「ペルソナ」聞いたことありますよね?

もともとは「仮面」という意味ですが、マーケティングの世界では「架空の人物モデル」という意味で使われることの多い言葉です。
つまり想像の顧客です。

一口で言えば、誰に届けるか考えようということです。

そこに気づけた私は、「ペルソナ」を、

  • 「白髪に悩む30代男性」
  • 「毛髪の痛みに悩む25歳のバリキャリOL」

細かく設定し、数十万回再生される動画を作ることに成功しました。

どんな方々に向けて動画を投稿をするか、きちんと設定せずにバズらない理由を探している間は、おそらく動画をバズらせることは難しいでしょう。

ペルソナを設定しよう!と思ったときに陥るミスについて

ここまで「バズらない理由」の探し方として「ペルソナ」を設定していないからという点について解説してきました。

しかし、ペルソナを設定すれば何でもよいわけではありません。

正しくペルソナを設定する必要があるのです。

これがこの記事で私が最も伝えたいことです。

悪いペルソナの設定の例

例1
キックボクサーの作る、激うまカップラーメン醤油味!
という動画があったとして、次に
キックボクサーの作る、激うまカレーライス!
という動画を出したらどんな反応が生まれるでしょうか?
逆に面白そうな気もしますが 笑 

考えてみてください。

キックボクサーがカレーの作り方教える

この動画を見たい人物像=ペルソナは浮かびますか?

きっとありませんよね。

動画を見た人は、なんでキックボクサーから料理の話を聞かなきゃならないんだ!

と違和感を覚えるはずです。

いまあなたが投稿している動画は、ペルソナ(視聴者やフォロワー)に悩みがあって、
その悩みにピンポイントで答えてくれて、さらに、その話に耳を傾けるだけの資格がある(納得できる)動画でしょうか?

つまり、今の例ならば、強いキックを打ちたいという悩みを持っている小学5年生の男の子(=ペルソナ)に対して、
キックボクサーがその方法を教える動画なら見てもらえる一方、ラーメンの作り方なんて聞きたくないよ!
と思われてしまいますよね?ということです。

つまり、キックボクサーが投稿すべき動画は、ラーメンの作り方ではなく、
キックボクサーの教える、必殺ローキックのやり方!
というタイトルの動画なのです。

つまり、バズるために下記の順にチェック項目を用意しましょう。

  1. 1:自分の強み、そしてそれを言う資格があるか?
  2. 2:その強みに活かして解決できる「悩み」が世の中にあるか?

たとえば、私の場合、

  1. 1:元美容師なので髪について語る資格がある
  2. 2:髪について悩んでいる人が多い

という2つの条件を満たしているので、バズる動画をつくることができるわけです。

まとめ

一口で言えば、「そもそも、その動画、誰が見たいんですか?」
という問いを何度も投げかけてくださいということです。

ほとんどのバズる動画は「悩み解決」をしているのです。

以上のことを上手に考えられると、

「なぜバズらないのか?」と正しく考えられるようになり、動画を1本出すたびに着実にレベルアップできるようになります。

これからも一緒にバズりましょう!

わからないこと、質問、コラボ相談等あればお気軽にご相談ください。